2019-08-08
カテゴリトップ > カー用品 > 機能用品 > 足廻りパーツ > 車高調

TEIN テイン FLEX Z VSHH4C1AS2
減衰力16段階車高調整式ダンパーキット
ホンダ GP7 シャトル ハイブリッド 用
3年6万キロ保証
主な適合
車種 型式 年式 グレード 駆動方式 排気量 備考
シャトル ハイブリッド GP7 H27/5〜 HYBRID, HYBRID X, HYBRID Z FF 1500
バネレート(N/mm(kgf/mm)) 自由長/内径 車高調整範囲(最大) 車高調整範囲(推奨) 純正比
F=39.2(4.0)/R=39.2(4.0) F=225 R=234/- F=-53 〜 +19 R=-52 〜 -19 F=-30 〜 -10 R=-40 〜 -20 F=-20 R=-30
※適合につきましては2018年3月現在のメーカー適合を基に記載いたしております。「〜現在」の表記はその時点での確認であり、モデルチェンジ等により適合が変更される可能性も御座いますのでご了承くださいませ。 また、いかなる場合におきましても適合の正確性につきましてはメーカー適合を優先とさせていただきます。必ずメーカーページにて適合を確認の上、購入していただきますようお願い致します。
最適形状のダストブーツ へたりに強いスプリング 特殊表面処理「ZTコート」
ショックアブソーバーのピストンロッドを保護する、最適形状のダストブーツ。 優れた耐ヘタリ性と高い品質安定性兼ね備えたオリジナルの高品質スプリング。 独自の特殊表面処理を施すことにより、塗装のはがれに強く、高い防錆性能を実現。

商品説明
・TEINのフレックスZ ダンパーキット、VSHH4-C1AS2です。
・モータースポーツで培った技術を応用し、高い操縦安定性と快適性を実現した車高調整サスペンションキットです。従来の分解式のショップアブソーバーとは異なる独自の新プラットフォーム、シールド構造を開発することで生産工程の短縮に成功。ロープライスを実現しました。
・複筒式構造のショックアブソーバを採用することで、十分なストロークを確保しやすく、摩擦を抑え安定した乗り心地を実現します。
・ニードルバルブ式の16段階伸/縮同時減衰力調整機構を搭載。調整ダイヤルを回してショックアブソーバーの硬さを変えることにより、走行状況や好みに合わせて調整を行うことが出来ます。
・移動式ロアブラケットを使用した全長調整式を採用。車高調整を行っても乗り味の変化が少なく、ローダウンと乗り心地の両立を実現します。
・スプリングには、冷間形成を行うことで、高い耐ヘタリ性と品質安定性を実現したSAE9254(引張り強度200kgf/mm2以上)を採用。
・車高調整ネジ部分には耐食性、防錆性能、潤滑性に優れた独自の特殊表面処理「ZTコート」を施すことで、長期間にわたりスムーズに車高調整を行うことが出来ます。
・安心の3年6万キロのメーカー保証付です。
・ホンダ GP7 シャトル ハイブリッド専用設計です。


セット内容
ショックアブソーバー×4 / スプリング×4 / アッパーマウント×4(車種により異なる)
H.A.S×2(車種により異なる) / 取扱説明書×1 / 車高調整レンチ×2 / 減衰力調整ツール×1 / ノベルティキット×1


※画像はイメージです。
【送料無料!!カードOK!!】
価格
75,000円 (税込 81,000 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で 対象エリア外へのご注文は、毎日 15:00までのご注文で翌日の配達となります (あす楽)
メーカー直送便:運送会社/到着日時指定を承れません   
メーカー直送便:代金引換はお承り出来ません   
メーカー直送便:沖縄及び離島への発送を承れません   
メーカー直送商品納期1〜3営業日
※注文個数によりお届け日が変わることがあります。

個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

近日開催

発明通信社では毎月、弊社内におきまして無料のセミナーを実施いたします。
インターネット特許情報検索サービス「HYPAT-i2」を中心に様々なテーマを取り上げます。

NEW 特許情報コラム

特許を中心に2人の先生が書き上げるコラム「潮流」と「そよ風」。
時事問題や特許取得の裏話など、様々なテーマをお届けいたします。

  • そよ風

    2017.02.01

    アメリカ第一

    いよいよトランプ大統領の時代がスタートしました。もう少しビジネスライクな対応をするのかと思いきや・・・ 続きを読む

  • 潮流

    2017.01.24

    日本企業の特許戦略は大丈夫なのか

    世界の企業の盛衰を占う特許登録動向世界の企業の特許戦略の動向を見るときに、最も注目されている指標・・・ 続きを読む

  • そよ風

    2017.01.16

    お正月の風物詩の羽根つきと、凧揚げがいまだ盛んにおこなわれています。羽根つきは風がない穏やかな時・・・ 続きを読む

一覧はこちら

PAGE TOP