2019-10-04
カテゴリトップ > 足回りパーツ > 足回りパーツ > 車高調整キット(普通車)
FTO DE3A 車高調整キット (フルタップ式)「減衰力 カー用品 サスペンションキット」「ラルグス Largus Spec S」「下取り」メーカー品メール便不可

バネレートや減衰力セッティングテストを何度も繰り返した結果、高性能・多機能・低価格でストリートからサーキット走行まで幅広く使用可能な車高調の開発に成功しました。
通常走行には「突き上げ感」「ゴツゴツ感」などのストレスの少ない乗り心地を体感できます。
また、スポーツ走行時はグリップ性能、コントロール性能を重視した仕上がりです。

【仕様】
減衰力32段階調整、Fr:正立式 Rr:正立式

【アッパーマウント】
フロント:ピロ/調整式 リア:ピロ/固定式

【バネレート設定】
F:8k / R:6k

【車高設定範囲(参考値)】
F:617mm〜690mm / R:602mm〜700mm

■装着例
・車高設定範囲上限(全体)
・車高設定範囲下限(全体)
・車高設定範囲上限(フロント)
・車高設定範囲下限(フロント)
・車高設定範囲上限(リア)
・車高設定範囲下限(リア)


よくある質問
減衰力調整ダイヤル延長ケーブルとはどういうものですか?車輌装着時に減衰力調整ダイヤルが手の届かない箇所にくる車輌において、ダイヤル部分を延長させ調整しやすくする為のオプションパーツです。
減衰力調整ダイヤル延長ケーブルは必ず必要ですか?パーツ自体は無くても車高調の装着に影響ございません。あくまで減衰力調整を行い易くする為のオプションパーツとなります。
減衰力調整ダイヤル延長ケーブルを使用する場合の適切な長さは?車輌や用途によって必要となるケーブル長が異なります。お客様自身のご利用状況に合わせ、現車をご確認ください。
減衰力調整ダイヤル延長ケーブルを曲げる事は可能か?ケーブル本体はワイヤーですので多少曲げて使用する程度でしたら問題ございません。ただし極端に折り曲げてのご使用はできません。
車高調のショックアブソーバー本体に貼られてあるステッカーの番号は何を表すのですか?ステッカーの番号は生産過程での管理番号となります。減衰力等の番号ではございません。
アッパーマウントのピロ、ゴム、マウントレスとはどのような意味ですか?ピロ/ゴム=アッパーマウントが付いております。マウントレス=純正を再利用ください。
ピロボールが硬いと思うのですが解決方法はありますか? 一番最初は硬いです。ご使用前にボールベアリングにシリコングリースを塗布すると動きが良くなり、長持ちします。
減衰力の調整方法を教えて下さい。ダイヤルを時計回り(H方向)に回すと硬くなり、反時計回り(S方向)に回すと柔らかくなります。基準位置は時計回りに回して止まった箇所(最も減衰力が硬い設定)となります。
車高データはどこの高さでしょうか?地面からフェンダー中央までの地上高を計測しております。
車検対応ですか?最低地上高を9cm以上確保できない場合は非対応となります。一部車種や車輌固体差によっては車検が難しい場合があります。(車検については当社未確認です)
商品が到着したのですが、このまま取り付けをすると何センチ下がりますか?出荷時点では仮組みの状態でお送りしております。装着前に必ずバネのプリロード状態の確認、車高の調整を行ってください。
取扱説明書が見当たりません。外箱の側面にございますのでご確認下さい。


買い替え応援!車高調下取りキャンペーン中!サスペンションキット メーカー保証あり
価格
101,640円 (税込 109,772 円) 送料別
取寄は1〜2W、メーカー欠品時入荷日未定
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • 宅配便

近日開催

発明通信社では毎月、弊社内におきまして無料のセミナーを実施いたします。
インターネット特許情報検索サービス「HYPAT-i2」を中心に様々なテーマを取り上げます。

NEW 特許情報コラム

特許を中心に2人の先生が書き上げるコラム「潮流」と「そよ風」。
時事問題や特許取得の裏話など、様々なテーマをお届けいたします。

  • そよ風

    2017.02.01

    アメリカ第一

    いよいよトランプ大統領の時代がスタートしました。もう少しビジネスライクな対応をするのかと思いきや・・・ 続きを読む

  • 潮流

    2017.01.24

    日本企業の特許戦略は大丈夫なのか

    世界の企業の盛衰を占う特許登録動向世界の企業の特許戦略の動向を見るときに、最も注目されている指標・・・ 続きを読む

  • そよ風

    2017.01.16

    お正月の風物詩の羽根つきと、凧揚げがいまだ盛んにおこなわれています。羽根つきは風がない穏やかな時・・・ 続きを読む

一覧はこちら

PAGE TOP