2019-06-03
カテゴリトップ > 店舗別で探す > 名古屋栄店 > アコースティック
Gibson / L-00 Studio 19 Antique Natural 【Limited Edition 2019】【S/N:12638042】
【ギブソン】【アコースティックギター】【ナチュラル】【smtb-u】【名古屋栄店】
L-00 Studioはスモールサイズの傑作、「ブルース・キング」の愛称が与えられたこともあるL-00をより手に取りやすくアレンジしたGibsonのNewモデルです!
小柄なボディはレスポンスのよい鳴りを生み出し、爪弾くと非常に気持ち良いサウンドを奏でてくれます。

トップにシトカスプルース、サイド&バックと指板、ブリッジにウォルナットを採用し、新たなギブソントーンを求めながらお値段も抑えた一本となっています!
L.R.Baggsのアクティヴピックアップを搭載し、ステージやレコーディングでの即戦力にもオススメです!!

◆Gibson Acoustic Guitar
1902年、アメリカ・ミシガン州カラマズーにて、オーヴィル・H・ギブソンと5人の出資者によってギブソンは設立されました。
当初はマンドリンやフィドル等、所謂アーチトップ/バイオリン属の弦楽器を中心に製造していましたが、1920年代に入るとフラットトップ・アコースティックギター(一般的なアコギ)の製造をスタートします。

古くはブルース・ジャズ等での愛用者が多かったギブソンですが、1940年代のJ-45の登場、その後のロック/フォークミュージックの流行等により、現在に至るまで、母国アメリカのみならず世界中で、様々なジャンル/プレイスタイルのミュージシャンの愛器として活躍しています。
現在のギブソンアコースティックは、全モデルがアメリカ・モンタナ州ボーズマンにあるアコースティックを専門に手がけるギブソン・モンタナ・ファクトリーにて製造されており、最新の技術やトレンドを取り入れつつも、「オール単板ボディ(特殊なモデルを除く)」「ニトロセルロース・ラッカーによる塗装(一部モデルを除く)」「接着にニカワを使用したネックとボディのダブテイル・ジョイント」といった伝統的なギターづくりのエッセンスを頑なに守り受け継いでいます。

Specifications

Top:Solid Sitka Spruce
Side&Back:Solid Walnut
Neck:Mahogany
Neck Profile:Advanced Response
Scale Length:24.75''
Fingerboard Material:Walnut
Fingerboard Radius:16''
Number of Frets:19
Frets:Standard
Nut Material:Tusq
Nut Width:1.725''
Inlays:Mother-of-pearl dots
Truss Rod:Studio
Electronics:L.R.Baggs Element VTC
Case:Original Hardshell

■S/N:12638042
■付属品:ハードケース、正規1年保証
※ご購入後、同梱されるユーザー登録カードに必要事項をご記入の上、ギブソン・ジャパンへご郵送下さい。ユーザー登録したご本人に限り、メーカー規定の故障に対して、無期限での保証が提供されます。

※複数のモールに掲載されているため、売却に伴う商品情報の削除は迅速を心掛けておりますが必ずしもリアルタイムではございませんので、ご注文後に万一売り切れとなっておりました際は誠に申し訳ございませんがご容赦くださいませ。

Gibson2019年モデル!コストパフォーマンスに優れたL-00が入荷しました!
価格
173,880円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で 対象エリア外へのご注文は、毎日 15:00までのご注文で翌日の配達となります (あす楽)
2〜5日で発送予定、お取寄せ時別途ご案内
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

近日開催

発明通信社では毎月、弊社内におきまして無料のセミナーを実施いたします。
インターネット特許情報検索サービス「HYPAT-i2」を中心に様々なテーマを取り上げます。

NEW 特許情報コラム

特許を中心に2人の先生が書き上げるコラム「潮流」と「そよ風」。
時事問題や特許取得の裏話など、様々なテーマをお届けいたします。

  • そよ風

    2017.02.01

    アメリカ第一

    いよいよトランプ大統領の時代がスタートしました。もう少しビジネスライクな対応をするのかと思いきや・・・ 続きを読む

  • 潮流

    2017.01.24

    日本企業の特許戦略は大丈夫なのか

    世界の企業の盛衰を占う特許登録動向世界の企業の特許戦略の動向を見るときに、最も注目されている指標・・・ 続きを読む

  • そよ風

    2017.01.16

    お正月の風物詩の羽根つきと、凧揚げがいまだ盛んにおこなわれています。羽根つきは風がない穏やかな時・・・ 続きを読む

一覧はこちら

PAGE TOP