2019-06-14
カテゴリトップ > タイヤ > その他タイヤ関連用品 > タイヤウォーマー
CHR CHICKEN HAWK RACING チキンホークレーシング タイヤウォーマー プロライン・ポールポジションモデル タイヤサイズ:140-150(Ninja250】KTM 390)タイヤサイズ:175-205(スーパーバイク)はこちら
タイヤサイズ:150-165(GP250・モタード)はこちら

※リンク先に商品がない場合、すでに完売している商品となります。予めご了承ください。

■商品番号
PRO-SBK-PP

■商品概要
【セット内容】前後セット
【カラー】クローム
【素材】材質】
・外観:Gentex アルミ蒸着ケブラーエクステリア
・サイドパネル:ネオプレン
・インナー:デュポン社製耐熱加工インナーライナー
【仕様】
・温度設定:高(91度)、中(79度)、低(54度)に選択可能
・絶縁:フェルトNomex&PE
・加熱エレメント:高密度 8mm間隔
【付属品】移動用ロイヤルハードケース
アメリカ チキンホーク社製

タイヤサイズ:140-150(Ninja250】KTM 390)

■適合車種
▼その他
汎用 ※選択肢の代表車種をご確認ください。

■詳細説明
3段階の温度設定が可能なプロラインチキンホークタイヤウォーマー。
設定温度は - 高 - 91度、中 - 79度、低 - 54度に選択可能。
タイヤ全体をカバーするユニークなヒーターデザインを採用。発熱体が発熱部分とタイヤの表面を交差して暖める構造になっています。
ネオプレーン製サイドパネルにより、より効果的にタイヤとホイールを保温し、ホイールのリムへの高い防風効果もあります。特に冬場の寒い時期でも効率的に保温します。伸縮性がありフィット感が抜群です。
ノーメックス社製の断熱材を入れる事により、効率的に保温効果が得られます。
デュポン社製の耐熱加工されたインナーライナーを使用し(ウォーマーの布部分が熱によって溶けるのを防ぐ為)、生地に温度を感知する特殊染料を使用しております。
ウォーマーで加温中は赤色のライトで、設定された温度に達すると、緑色のライトでお知らせします。
カムコーダースタイルの耐久性の高いハードケースは中空成形で加工され中がより深く、強度が増したラッチ使用により、耐衝撃性にも優れています。ウォーマーが前後セット収納でき、運搬中のウォーマーを保護してくれます。
プロフェッショナルラインの「フルカバレッジ」ヒーターデザインは、タイヤ全体を均一に暖めます。
再設計されたヒーターエレメントは、今までのモデルに比べてはるかに高い密度で張り巡らせています(電熱線の総距離は従来モデル:26メートルに対し56メートル)。
その結果、熱しすぎを制御し、表面温度を下げ、より均一にタイヤ全体を暖めます。
特徴
・ユニークな”フルカバレッジ”ヒーターデザインはわずか8mmの間隔で、加熱エリアとタイヤの表面を均一に加熱します。
・最高の保温のためのノーメックス社製の断熱材を入れる事により、効率的に保温効果が得られます。
・Gentex アルミ蒸着ケブラーエクステリア(絶縁させ、耐水&耐引裂性が抜群です)。
・ネオプレンサイドパネル(断熱ホイールと風をブロックするのに役立ちます)。
・簡単に着脱できる電源コード(すべてのモデル)。
・移動用ロイヤルハードケースが付属。


■注意点
※タイヤウォーマーのカラーはクロームのみです。

【送料無料】その他タイヤ関連用品 CHR CHICKEN HAWK RACING チキンホークレーシング PRO-SBK-PP
当店通常価格113,400円 (税込)
価格
113,400円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で 対象エリア外へのご注文は、毎日 15:00までのご注文で翌日の配達となります (あす楽)
メーカー在庫確認後、発送日は別途ご連絡
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

近日開催

発明通信社では毎月、弊社内におきまして無料のセミナーを実施いたします。
インターネット特許情報検索サービス「HYPAT-i2」を中心に様々なテーマを取り上げます。

NEW 特許情報コラム

特許を中心に2人の先生が書き上げるコラム「潮流」と「そよ風」。
時事問題や特許取得の裏話など、様々なテーマをお届けいたします。

  • そよ風

    2017.02.01

    アメリカ第一

    いよいよトランプ大統領の時代がスタートしました。もう少しビジネスライクな対応をするのかと思いきや・・・ 続きを読む

  • 潮流

    2017.01.24

    日本企業の特許戦略は大丈夫なのか

    世界の企業の盛衰を占う特許登録動向世界の企業の特許戦略の動向を見るときに、最も注目されている指標・・・ 続きを読む

  • そよ風

    2017.01.16

    お正月の風物詩の羽根つきと、凧揚げがいまだ盛んにおこなわれています。羽根つきは風がない穏やかな時・・・ 続きを読む

一覧はこちら

PAGE TOP