2019-09-09
カテゴリトップ > アウター・ジャケット
【JELADO”ROCKSTAR GARMENTS”/ジェラード”ロックスターガーメンツ”】2018AW「Ripcity Jacket/リップシティージャケット」(RG23435)【送料・代引き手数料無料】【あす楽対応】

(John Gluckow/ジョングラッコー/アメカジ/ハーレー/ムートン)
ギフト対応


【Ripcity Jacket】

商品詳細

【JELADO”ROCKSTAR GARMENTS”/ジェラード”ロックスターガーメンツ”】の2018AWコレクションより「Ripcity Jacket/リップシティージャケット」になります。

リップシティージャケットと名付けたこのジャケットは1980年モスクワ冬期オリンピックのアメリカ選手団用モデルとして作られたジャケットです。

この当時の歴史を振り返るとアメリカとソビエト(ロシア)は冷戦真っ只中で、モスクワ五輪をアメリカはボイコットしており、Levi's社はモスクワ五輪のスポンサーとしてオフィシャルで選手団のためだけに作り、一般での販売をしていなかった幻のモデルを今回製作いたしました。

そんな時代背景も含め、面白いヴィンテージを復刻するということでヒッピー的スラングを用いた"Ripcity(面白いとかエキサイティングの意味)"と名付けています。

素材には北米産ムートンを使用し、他の産地の原皮と比べて、しなやかですが革が厚く毛の密度が高く、重量があるので、保温性も抜群です。

ボタンはヴィンテージ同様のスナップボタン。ポケットはフラップ付きで、オレンジタブも付いています。

ムートンの肌触りも良く、着心地の良いリップシティージャケット。腕周りも細く、スッキリとしたシルエットで着用頂けるアイテムです。

昨今のGジャンタイプのリリースが多い中、ムートンのアイテムですと、また違った着こなしや装いを楽しめますので、是非ミリタリーアイテムのムートンとは違った着こなしをお楽しみ下さい。


【ブラック】


【カラー/チェストポケット】


【カフス/オリジナルボタン】


【ウエストアジャスターバンド/ライニング】


【ブランドレザーパッチ】


【モデルは身長174cm 体重67kgで「Lサイズ」を着用しております。】



【品番:RG23435】
【カラー:ブラック】
【素材:北米産ムートン】
【サイズ:XS・S・M・L・XL】

Size XS S M L XL
肩幅 43cm 45cm 47cm 49.5cm 51cm
身幅 49.5cm 52cm 54.5cm 57cm 60cm
着丈 61cm 63cm 65cm 66cm 67cm
袖丈 60cm 62.5cm 63.5cm 64.5cm 65.5cm



【JELADO/ジェラード】正規取扱店”WOLF PACK/ウルフパック”
価格
258,000円 (税込 278,640 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で 対象エリア外へのご注文は、毎日 15:00までのご注文で翌日の配達となります (あす楽)
▼ 下記商品リストからご希望の商品をお選びください。
サイズ × カラー
  XSSMLXL
ブラックSOLD OUTSOLD OUTSOLD OUT116:00までのご注文で即日発送SOLD OUT
×・・・SOLD OUT
サイズ表をみる
▼ご注文はコチラ 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
ラッピング対応

近日開催

発明通信社では毎月、弊社内におきまして無料のセミナーを実施いたします。
インターネット特許情報検索サービス「HYPAT-i2」を中心に様々なテーマを取り上げます。

NEW 特許情報コラム

特許を中心に2人の先生が書き上げるコラム「潮流」と「そよ風」。
時事問題や特許取得の裏話など、様々なテーマをお届けいたします。

  • そよ風

    2017.02.01

    アメリカ第一

    いよいよトランプ大統領の時代がスタートしました。もう少しビジネスライクな対応をするのかと思いきや・・・ 続きを読む

  • 潮流

    2017.01.24

    日本企業の特許戦略は大丈夫なのか

    世界の企業の盛衰を占う特許登録動向世界の企業の特許戦略の動向を見るときに、最も注目されている指標・・・ 続きを読む

  • そよ風

    2017.01.16

    お正月の風物詩の羽根つきと、凧揚げがいまだ盛んにおこなわれています。羽根つきは風がない穏やかな時・・・ 続きを読む

一覧はこちら

PAGE TOP