2019-09-04
カテゴリトップ>SURF>サーフボード>ロングボード
ANDERSON SURFBOARDS アンダーソン サーフボード Hull Volanpatch 6’6 ハル トラジショナルボード [条件付き送料無料]メーカー希望小売価格はメーカーカタログに基づいて掲載しています

















ANDERSON SURFBOARD(アンダーソン サーフボード)

1988年にスコット・アンダーソンによって彼の後部庭で始められ、その後カリフォルニアに工場を構えた。30年以上たった今でも全てハンドメイドで作りあげている。
アンダーソンのサーフボードは最新の材料と技術だけを使って、2万人を超えるサーフボードとロングボードを作りつづけている。ファミリーには、カリフォルニアのマリブビーチローカルBROTHERS MARSHALLをはじめJOSH FARBEROW,WESLERY SANTOS…etc

シェイパー:スコット・アンダーソン

1963年、サンタモニカで生まれベニスで育つ。70年代後半のベニスで育った事が大きな影響を与えた。
当時のベニスといえばあのZボーイズ達が街を圧巻していた、ご存知の方も多いトニー・アルバ、ジェイ・アダムス、ステイシー・ペラルタ他・・・。
スコット自身もZボーイズの影響を受けサーフィン、スケートと彼等と同じ道を歩んでいた。
シェイプをはじめたのは高校生の頃、そこからいくつかのファクトリーで仕事をこなしサーフボード作りの全ての工程を覚えたクラフトマン。
スコットが師事していたなかにはあのスキップ・イングロムも、ゼファー・ショップをジェフ・ホーと共同経営し店のオーナーでもあった、その事から現在でもアンダーソンサーフボードの公式サイトにはスキップ・イングロムも紹介されています。
独立してアンダーソンサーフボードの工場を構えてからはすでに30年近く、勿論現在もベニス・ビーチ近くの工場でボードを作り続けています。
ベニスからマリブビーチまではすぐ近く、だからこそマリブのサーファー達はアンダーソンのサーフボードを乗っている訳ですね。
アンダーソンのライダーといえばジョシュ・ファブロー、マーシャルブラザーズ、以前はデーン・ピーターソン、ベリンダ・バグスといった時代を代表するマリブのアイコン達が乗っています。














ANDERSON SURFBOARDS
アンダーソン サーフボード 正規販売店


Hull Volanpatch
アンダーグラウンドアートで有名な Bojorquezが名前の由来です。
彼は Greg LiddleのHullsボードに最初に乗ったサーファークルーの一員でもありました。70年代に登場し、多く作られた板の再現版です。スコットは Displacement Hullの生産者ととても親しい関係があり、 Bojorquezは彼のHullに対する深い知識と理解を基に現代によみがえった新しいHullです。
早くて流れるようなグラインドでマリブや、リンコンの長いフェイスを乗りこなす板として有名になりました。また、ボトムターンでのレールを使うと最高のターンを生み出してくれます。どんなコンディションでも楽しめる板です。



モデル■Hull Volanpatch
シェーパー■スコット・アンダーソン
サイズ■6’6×21 1/2 X 2 3/4
CM表記■198.1cm X54.61cm×6.99cm
付属フィン■あり

デッキ形状:ラウンド
テール形状:ラウンドテール
ボトム形状
ロッカー:弱めのロッカー
レール:ミディアムレール
FINシステム:シングルボックス
仕上げ:サンディング (ツヤなし)
その他:ドリルホールリーシュ、ボランパッチ(フィン周り)



最高のターンを生み出し、どんなコンディションでも楽しめる
Hull Volanpatch(ハル)ボランパッチ
ANDERSON SURFBOARDS アンダーソン サーフボード 正規販売店

メーカー希望小売価格181,440円 (税込)
価格
181,440円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で対象エリア外へのご注文は、毎日15:00までのご注文で翌日の配達となります(あす楽)
大型商品代引き決済不可  
受取方法を選択  
店頭受取希望の場合  
沖縄県・離島へお届けの場合  
ご自宅配送希望の場合  
1〜3日で発送予定(土日祝を除く)
個数
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

近日開催

発明通信社では毎月、弊社内におきまして無料のセミナーを実施いたします。
インターネット特許情報検索サービス「HYPAT-i2」を中心に様々なテーマを取り上げます。

NEW 特許情報コラム

特許を中心に2人の先生が書き上げるコラム「潮流」と「そよ風」。
時事問題や特許取得の裏話など、様々なテーマをお届けいたします。

  • そよ風

    2017.02.01

    アメリカ第一

    いよいよトランプ大統領の時代がスタートしました。もう少しビジネスライクな対応をするのかと思いきや・・・ 続きを読む

  • 潮流

    2017.01.24

    日本企業の特許戦略は大丈夫なのか

    世界の企業の盛衰を占う特許登録動向世界の企業の特許戦略の動向を見るときに、最も注目されている指標・・・ 続きを読む

  • そよ風

    2017.01.16

    お正月の風物詩の羽根つきと、凧揚げがいまだ盛んにおこなわれています。羽根つきは風がない穏やかな時・・・ 続きを読む

一覧はこちら

PAGE TOP