2019-10-04
カテゴリトップ>メーカー別>ア行1>RSR(アールエスアール)>車高調>Best☆i
[RSR] 車高調 Best☆i 推奨仕様 フーガ GY50 19/12〜21/10 FR 4500 NA 450GT タイプS ※北海道・沖縄・離島は送料別途
適合車種
車メーカーNISSAN ニッサン
車種フーガ
型式GY50
年式19/12〜21/10
駆動方式FR
排気量4500 NA
マッチンググレード450GT タイプS

商品情報
品番LIN270M
シリーズBest☆i
スプリングタイプ推奨仕様
各仕様\前後FrontRear
推奨車高調整幅(mm)-5〜-65-5〜-60
推奨車高(mm)-15〜-20-10〜-15
最大調整幅(mm)+25〜-90-5〜-60
バネレート(kg/mm)8.007.00
減衰力調整※1
調整段数3636
全長調整
フロントキャンバー調整×
リア車高調整ネジ式

納期について
メーカー在庫があれば3〜4営業日、欠品時は受注生産の為1ヶ月〜お時間がかかります。
※納期が遅い等によるキャンセルは一切お受けできません。

注意事項
※:推奨バネレート以外でご使用される場合、車高が上記データより変化します。マッチングは全て推奨レートのみで行っています。ハードを選択された場合、推奨車高にするには全長調整またはロアシートにて車高調整をして下さい。バネレートがハードになる程車高は上がります。
 従って車高調整幅も変化します。個体差はありますが、参考としてバネレート1Kにつき全長またはシート位置を約5〜10mm変化させて使用して下さい。但し、車種によっては1Kにつき10〜15mm程変化させるものもあります。あくまでも参考値ですので、あらかじめご了承ください。


※:最大調整幅は物理的な最大調整可能範囲寸法からの数値であり、保証出来る走行可能な数値ではありません。走行可能な許容範囲については、推奨車高調整幅を参照してご使用下さい。
※:推奨車高調整幅を超える範囲で調整を行った場合、タイヤ・アーム等がボディに干渉する恐れがあります。

●[減衰力調整が※1と表記されている場合] : 車輌の構造上、ショック本体を取り外さなければ減衰力調整はできません。
●[減衰力調整が※2と表記されている場合] : 車輌の構造上、ショック本体を取り外さなければ減衰力調整はできません。オプションフレキシブルアダプター装着により、ショック本体を取り外さずに減衰力調整が可能です。 (車体側の加工が必要な場合がありますが、車体(ボディー)への穴あけ・加工等は保安基準適合外になりますので、自己責任でお願い致します。)
●[フロンキャンバー調整が※3と表記されている場合] : キャンバー調整はできません。(車輌の構造上、フロントアッパーマウントは純正を使用します。アッパーマウント付きASSYではありません。)
●[フロンキャンバー調整が※4と表記されている場合] : フロントナックル部にてキャンバー調整ができます。(一部の車種について、フロントアッパーマウントは純正を使用します。)

※ お客様の見落としや確認ミスでのキャンセル・交換・返品は一切お受けできません。
※ 適合情報は随時更新しておりますが、告知なくメーカー側にて更新される場合がございますので、必ずご注文前にメーカー適合表にて最新の適合表をご確認頂ますようお願い致します。


RS-R アールエスアール i-shock 車高調整 ダンパー サス ローダウン ショック ショックアブソーバー best-i ベストi



送料無料、代引手数料無料!
価格
131,250円 (税込141,750 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
ポイント2倍
2834ポイント
※上記ポイント倍率には、スーパーポイントアッププログラム分は含まれておりません。
お取寄せ 3-4日で発送 (メーカー欠品時以外
※注文個数によりお届け日が変わることがあります。

個数
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

近日開催

発明通信社では毎月、弊社内におきまして無料のセミナーを実施いたします。
インターネット特許情報検索サービス「HYPAT-i2」を中心に様々なテーマを取り上げます。

NEW 特許情報コラム

特許を中心に2人の先生が書き上げるコラム「潮流」と「そよ風」。
時事問題や特許取得の裏話など、様々なテーマをお届けいたします。

  • そよ風

    2017.02.01

    アメリカ第一

    いよいよトランプ大統領の時代がスタートしました。もう少しビジネスライクな対応をするのかと思いきや・・・ 続きを読む

  • 潮流

    2017.01.24

    日本企業の特許戦略は大丈夫なのか

    世界の企業の盛衰を占う特許登録動向世界の企業の特許戦略の動向を見るときに、最も注目されている指標・・・ 続きを読む

  • そよ風

    2017.01.16

    お正月の風物詩の羽根つきと、凧揚げがいまだ盛んにおこなわれています。羽根つきは風がない穏やかな時・・・ 続きを読む

一覧はこちら

PAGE TOP