2019-09-11
カテゴリトップ>アコースティックギター>アコースティックギター>YAMAHA>エレアコ
YAMAHA ヤマハ / APX1000 PW 《+811089300》【メーカー保証に加えイシバシ独自の3年保証つき】APX-1000 エレアコ アコースティックギター

SRTピックアップシステムを搭載し、スタジオクオリティのアコースティックサウンドを備えたAPX。抜群の演奏性とリアルなサウンドがプレイの幅を大きく拡げます。

<主な仕様>
胴型:APXカッタウェイ
表板:スプルース単板
裏板:フレイムメイプル
側板:フレイムメイプル
棹:ナトー
指板:ローズウッド
下駒:ローズウッド
弦長:650mm
胴厚:80mm〜90mm
指板幅(上駒部/胴接合部):43mm/55mm
糸巻:TM-29G
塗装:グロス仕上げ
ピックアップ&コントロール:SYSTEM63(SRTシステム)
■付属品:YAMAHAギグケース、メーカー保証
イシバシWEBSHOP3年保証付き

演奏性を追及したシングルカッタウェイ&薄胴ボディ

APXのボディ形状およびブレイシング設計は、エレクトリック・アコースティック・ギターとしてのサウンドキャラクターを追求したオリジナルデザインです。バックのサウンドに埋もれない、「アコースティックギターサウンド」でのリードプレイを可能にする、中低音のハリと強さを強調したサウンド設計が成されています。さらに演奏性を追求した薄胴ボディ&カッタウェイ、エクストラフレットなど、エレキギターからの持ち替えもスムーズなデザイン。リアルなアコースティックギターの響きはもちろん、さまざまな鳴りやトーンを表現できるエレクトリック・アコースティックギターです。

ピックアップ


各弦独立エレメント方式のアンザーサドル型自社製ピエゾピックアップ
Steve Lukatherを始めとするトッププロからも高い評価を受けているSRTシステムを採用。スタジオでレコーディングしているかのような音質でリアルなアコースティックギターのサウンド設定ができるピックアップシステムを搭載しています。ピックアップ本体は、500IIシリーズと同様、弦振動をより正確にキャッチする各弦独立エレメント方式のアンザーサドル型自社製ピエゾピックアップを搭載。サドルとピックアップエレメントを分離させたことにより、従来より弦高調整が容易に行えるようになっています。

プリアンプ


#コントロールパネル
エレクトリックアコースティックギターの心臓部とも言えるプリアンプ部には、3タイプのピックアップそれぞれに最適化した新開発の自社製プリアンプを採用しました。また電源を従来の9V型乾電池から入手しやすい単3乾電池2本に変更し、回路の見直しにより供給電圧の安定化と供給電圧の安定化とダイナミックスの拡大を実現しました。更に、全グレードのコントロールパネルデザインを、SRT最上位モデル“LJX26CP”と同様のシンプルで機能的なテイストに統一しています。
便利なチューナー機能つきです!!

エキストラフレット

プリアンプ

APX1000において、指板最高音部の一部がサウンドホールに突き出る形状に変更。これは初代APXにも採用されていたスタイルで、高音弦のエキストラフレットによるテクニカルな演奏を可能にしています。

木象嵌のサウンドホールインレイ

プリアンプ

APX1000シリーズのサウンドホール周囲には、従来のAPXの特徴でもあったサウンドホールリングに代えてローズウッドの木目を生かした木象嵌による装飾を施しました。単板仕様ならではの豊かな表板の振動を活かしつつ、落ち着いた高級感を醸し出すデザインを実現しています。

ブレイシング

ブレイシング

APX・CPXボディともに、ノンスキャロップ・Xブレイシングを採用

トラスロッド

トラスロッドによるネック調整の位置を、従来のヘッド側からサウンドホール側に変更。ナット下部ロッド調整位置のトンネル加工をなくす事により、ナットが受け取る弦振動のエネルギーをより確実にヘッド及びネックに伝える構造とし、同時にヘッド部のトラスロッドカバーをなくしました。


価格
84,456円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
2〜5日で発送予定、お取寄せ時別途ご案内
数量
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

近日開催

発明通信社では毎月、弊社内におきまして無料のセミナーを実施いたします。
インターネット特許情報検索サービス「HYPAT-i2」を中心に様々なテーマを取り上げます。

NEW 特許情報コラム

特許を中心に2人の先生が書き上げるコラム「潮流」と「そよ風」。
時事問題や特許取得の裏話など、様々なテーマをお届けいたします。

  • そよ風

    2017.02.01

    アメリカ第一

    いよいよトランプ大統領の時代がスタートしました。もう少しビジネスライクな対応をするのかと思いきや・・・ 続きを読む

  • 潮流

    2017.01.24

    日本企業の特許戦略は大丈夫なのか

    世界の企業の盛衰を占う特許登録動向世界の企業の特許戦略の動向を見るときに、最も注目されている指標・・・ 続きを読む

  • そよ風

    2017.01.16

    お正月の風物詩の羽根つきと、凧揚げがいまだ盛んにおこなわれています。羽根つきは風がない穏やかな時・・・ 続きを読む

一覧はこちら

PAGE TOP