2019-08-01
カテゴリトップ>アコースティックギター>アコースティックギター>YAMAHA>Aシリーズ
YAMAHA / A3M ARE Vintage Natural (VN) ヤマハ【横浜店】
オール単板のトラッドウェスタン!ARE処理されたTOP、マホガニーSIDE/BACK!
数多くのギタリストや技術者の意見を取り入れ、指板のエッジに面取りを施したり、ボディとの接合部に近い位置でも握りやすいようにネックテーパーの形状に工夫を凝らすことで、自然な演奏感と演奏性を追求しました。ハイポジションでも弾きやすく、エレキギターから持ち替えても違和感が少ないため、ステージ演奏やレコーディング、練習などさまざまな場面で高い演奏性を発揮します。
ヤマハ独自の解析技術によりブレイシングに改良を加え、表板に新デザインのスキャロップブレイシングを、裏板にカッタウェイ専用に新たに開発したブレイシングを採用しました。これにより、カッタウェイながらフルボティのような豊かなサウンドと、中低音域のパワフルな響きを実現!
BODYはカッタウェイを施した伝統的なトラッドウェスタンタイプで、オール単板、TOPにシトカ・スプルースを、SIDE/BACKにマホガニーを採用。
TOPのスプルースには、独自の「A.R.E (Acoustic ResonanceEnhancement)処理」が施されています。これにより長年弾き込まれたような豊かな鳴りを実現!!
ピックアップには「SRT(Studio Response Technology:スタジオ・レスポンス・テクノロジー)」システムをさらに進化させた新開発の「SRT2」システムを採用。スタジオで一流のサウンドエンジニアがマイク録音したような空気感豊かなアコースティックサウンドが得られる「SRT」システムの音質特徴はそのままに、機能を厳選してシンプルになものすることで、ステージ演奏や練習シーンに適した高い操作性を実現。ピックアップ本体は各弦独立エレメント方式のピエゾピックアップを搭載しており、ピエゾピックアップのサウンドと「SRT2」システムによるサウンドを混ぜて、プレーヤーが求めるサウンドを容易に作り出すことが可能です。さらに、プレイスタイルや演奏曲に合わせて異なる2つのマイクタイプを選ぶこともできます。
ルックスは華美な装飾を廃しつつ、ボディ外周のバインディングや響穴象嵌に木材を使用することで、木のあたたかみを感じさせるオーガニックで上質な印象を演出。ピックガードは、1970 年代にトップアーティストに愛用されたアコースティックギター「N1000」をモチーフとした、存在感あるデザインとしています。

※画像はサンプルです。製品の仕様は予告なく変更される場合がございますので、予めご了承くださいませ。

主な仕様

胴型トラッドウエスタンカッタウェイ
胴厚100-118mm
弦長650mm
表板シトカスプルース単板(A.R.E.)
側・裏板マホガニー単板
ネックマホガニー
指板/下駒エボニー
ナット/サドルユリア樹脂
糸巻ダイカストクローム
プリアンプSRT2 システム(System71)
■付属品:ライトケース、メーカー1年保証■保証:1年


UD20180303


オール単板!ARE処理されたTOP、マホガニーSIDE/BACK!
価格
100,980円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で対象エリア外へのご注文は、毎日15:00までのご注文で翌日の配達となります(あす楽)
2〜5日で発送予定、お取寄せ時別途ご案内
個数
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

近日開催

発明通信社では毎月、弊社内におきまして無料のセミナーを実施いたします。
インターネット特許情報検索サービス「HYPAT-i2」を中心に様々なテーマを取り上げます。

NEW 特許情報コラム

特許を中心に2人の先生が書き上げるコラム「潮流」と「そよ風」。
時事問題や特許取得の裏話など、様々なテーマをお届けいたします。

  • そよ風

    2017.02.01

    アメリカ第一

    いよいよトランプ大統領の時代がスタートしました。もう少しビジネスライクな対応をするのかと思いきや・・・ 続きを読む

  • 潮流

    2017.01.24

    日本企業の特許戦略は大丈夫なのか

    世界の企業の盛衰を占う特許登録動向世界の企業の特許戦略の動向を見るときに、最も注目されている指標・・・ 続きを読む

  • そよ風

    2017.01.16

    お正月の風物詩の羽根つきと、凧揚げがいまだ盛んにおこなわれています。羽根つきは風がない穏やかな時・・・ 続きを読む

一覧はこちら

PAGE TOP