2019-09-27
カテゴリトップ>ブランド別 インテリア>リヤドロ LLADRO>日本未発売
リヤドロ TRAY WITH PEONIES 01008650 LLADRO 日本未発売 □TRAY WITH PEONIES


リヤドロ TRAY WITH PEONIES 01008650 LLADROは、シャクヤクを生けた花器を描いたリヤドロ(Lladro)作品です。

職人によって一つずつ組み立てられた花びらが繊細で美しく、魅力的な作品です。メインのシャクヤクを飾る周りの花や葉も可愛らしいです。

日本未発売作品となっております。


■サイズ:H4cm×W30cm


■付属:LLADRO純正ボックス、LAP(リヤドロアフターサービスプログラム)登録書


リヤドロ(Lladro)は動きの一瞬を捉える表現力に優れていますがこの作品にもリヤドロ(Lladro)の力量が余すところ無く現れています。コレクションはもちろん、記念日のプレゼント、特別な方へのプレゼントギフトとしてもオススメの リヤドロです。


当店からの発送予定日は約7〜10日間前後となります。通関等により、予定よりもお時間がかかる場合がございます。当店に到着次第すぐに発送させていただきます

リヤドロ

リヤドロとは、スペインバレンシア郊外でホアン、ホセ、ビセンテの3兄弟が「優しさあふれる世界を創造したい」という大きな夢をポーセリン(磁器製品)に託し、始めたポーセリン(磁器)アートのことです。

リヤドロ商品の製造工程はイメージスケッチから始まり 14以上もの工程を経て作成され、工程の殆どが手作業で行われます。きめ細かい精巧さと、今にも動き出しそうな豊かな表情、やさしい色合いはどれをとっても素晴らしい作品です。 そして、リヤドロの代名詞ともいわれる繊細な「花」は熟練のアーティストによって花びらの一枚一枚から手作業で生み出されます。その美しさは、もはや芸術品といっても過言ではありません。リヤドロは世界中※リヤドロは繊細かつ壊れやすいポーセリン(陶磁器)ですので自分で持ち帰るより、しっかりとした梱包で送ってくれる通販での購入がおすすめです。輸送途中の事故の場合も100%補償しますので安心です。※リヤドロ LLADROは、すべて手作業で作られているため、同じシリーズであってもひとつひとつ違った表情をしております。また、ブラウザやモニターの環境等により実物の色合いが画像と若干異なる場合がございます。予め、ご了承くださいませ。

※全てのリヤドロ作品は、スペインと日本の税関で開封検査を受けますので、箱には必ず開封した跡がありますが、中は新品・未使用のものですので、ご安心くださいませ。(税関検査などで箱に小さなつぶれやテープ痕ができてしまう場合がございます。日本に輸入するためには、どうしても通らなければならない検査でこちらでは防ぎようがありませんので、中の作品に影響がない場合、返品交換の対象とはなりませんので、ご了承くださいませ。

※また、海外では中身が新品であれば箱が多少汚れていたり焼けていたりということに関しては問題ないという認識のため、ごくごく稀にそのような状態で入ってくることがございます。その分価格をお安くすることで、対応させていただいておりますので、ご理解くださいませ。

リヤドロ 日本未発売
価格
268,300円 (税込289,764 円)送料別
着後レビューを書いて次回使える500円クーポンプレゼント中  
お取り寄せ(1〜2週間前後)
個数
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • 宅配便
  • コンビニ受取
  • ロッカー受取
  • 郵便局受取

近日開催

発明通信社では毎月、弊社内におきまして無料のセミナーを実施いたします。
インターネット特許情報検索サービス「HYPAT-i2」を中心に様々なテーマを取り上げます。

NEW 特許情報コラム

特許を中心に2人の先生が書き上げるコラム「潮流」と「そよ風」。
時事問題や特許取得の裏話など、様々なテーマをお届けいたします。

  • そよ風

    2017.02.01

    アメリカ第一

    いよいよトランプ大統領の時代がスタートしました。もう少しビジネスライクな対応をするのかと思いきや・・・ 続きを読む

  • 潮流

    2017.01.24

    日本企業の特許戦略は大丈夫なのか

    世界の企業の盛衰を占う特許登録動向世界の企業の特許戦略の動向を見るときに、最も注目されている指標・・・ 続きを読む

  • そよ風

    2017.01.16

    お正月の風物詩の羽根つきと、凧揚げがいまだ盛んにおこなわれています。羽根つきは風がない穏やかな時・・・ 続きを読む

一覧はこちら

PAGE TOP