2019-10-01
カテゴリトップ>パーツ>タイヤ>タイヤその他>タイヤメンテナンス用品
送料無料 GET HOT タイヤウォーマー ゲットホットタイヤウォーマー タイヤその他 GP-EVOLUTION JSB/600サイズ オレンジ/イエローGET HOT タイヤウォーマー
GP-EVOLUTION JSB/600サイズ
カラー:オレンジ/イエロー
メーカー品番:GET-EVOJSB600

●サイズ
フロント:120 リア:180-190

●仕様
日本製
難燃性特殊ポリエステル表面生地
電熱線の6倍の発熱を誇る遠赤外線面状発熱体採用によりタイヤ内部へ熱を浸透(断線等は発生しません)
NOMEXアラミドファイバー
ダブルサイトストラップにより密着性向上
大径サイドウォール
インナーフォーム採用により保温性と密着性を向上
9層構造による徹底的な保温効果
7重にも及ぶシルク印刷と鮮やかなデザインで注目度アップ
温度計(オプション)
温度切り替えセレクター(オプション)
NEON TYPE-2(オプション)
ワンタッチコネクター

●特徴
■大径サイドウォール標準装備
■遠赤外線面状発熱体GET HOT (TYPE−RX)採用
■遠赤外線にてタイヤを焦がさずに芯まで加熱
■温まりにニクロム線のようなムラを生じさせません
■特殊難燃ポリエステル生地を表面生地に使用。使用する素材全て難燃素材にて構成。
■NOMEXアラミドファイバー使用
■全サイズラインナップ

●備考
GET HOTシリーズ最高峰のGP−EVOLUTIONは国内外において数々のトップチームに採用されたパフォーマンスを持つ。一切の妥協を廃したその作りは タイヤを壊さないこと、加熱力、保温性を最大限に考慮して設計されております。
1本づつ手作業で熱バランスが取られたタイヤウォーマーはフロント、リアでほぼ同じ時間で温まります。
遠赤外線で加熱されたタイヤは深い熱を持ち、タイヤ性能を100%発揮させることを可能とさせます。

●ご注意
【消費電力について (重要!!)】
電気容量が不足したり、ギリギリであるとタイヤウォーマー自体に負担がかかってしまいトラブルを起こしてしまう場合があります。
発電機の容量は必ず余裕を持った物をご用意ください。
目安として前後消費電力の15%以上の容量が必要となります。
簡単に説明すると、容量自体が足りていてもギリギリだったり不足している場合等はウォーマー全体に 同じ分量の電気を流すことができません。
電気もより流れやすい部分とそうでない部分が存在し、不足気味の時には流れやすい部分に集まってしまいます。
その結果負担が強くかかる部分が発生し、焼けてしまうことがあります。
発電機を選ぶ際には上記の内容をご理解いただき、容量が十分足りている物をお選びください。
また、エコモードでの使用は絶対にしないようご注意ください。

●写真注意
※画像はイメージです。

車種年式型式・フレームNo.その他
1099、パニガーレ
CBR1000RR
CBR600RR
GSX R1000
S1000RR
YZF R1
YZF R6
ZX10R
ZX6R

※その他の適合車種については、メーカーサイトなどをご覧ください。

GET HOT タイヤウォーマー ゲットホットタイヤウォーマー タイヤその他 タイヤ
価格
78,795円 (税込85,098 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
取寄※在庫があれば2-3営業日で発送
個数
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

近日開催

発明通信社では毎月、弊社内におきまして無料のセミナーを実施いたします。
インターネット特許情報検索サービス「HYPAT-i2」を中心に様々なテーマを取り上げます。

NEW 特許情報コラム

特許を中心に2人の先生が書き上げるコラム「潮流」と「そよ風」。
時事問題や特許取得の裏話など、様々なテーマをお届けいたします。

  • そよ風

    2017.02.01

    アメリカ第一

    いよいよトランプ大統領の時代がスタートしました。もう少しビジネスライクな対応をするのかと思いきや・・・ 続きを読む

  • 潮流

    2017.01.24

    日本企業の特許戦略は大丈夫なのか

    世界の企業の盛衰を占う特許登録動向世界の企業の特許戦略の動向を見るときに、最も注目されている指標・・・ 続きを読む

  • そよ風

    2017.01.16

    お正月の風物詩の羽根つきと、凧揚げがいまだ盛んにおこなわれています。羽根つきは風がない穏やかな時・・・ 続きを読む

一覧はこちら

PAGE TOP