2019-10-07
カテゴリトップ>■サイズから選ぶ〜キリム・ギャッベ・ラグ>長さ190-220cm>横幅120-150cm>ギャッベ
ギャベ ギャッベ ロリアタシュ・細かな織りの最高級ギャッベ Gabbeh Lori Atash/リビングサイズ207x140cm207x140cm レッドグラデーション・スクエアデザイン
商品詳細
商品番号
gh25896
サイズ
縦207cm × 横140cm(フリンジを含まない)
厚 み
0.9cm程度
産 地
イラン・シラーズ
素 材
ウール×ウール
年 代
新しいギャベ
織りのタイプ
LoriAtash
在庫について
ギャッベは全て一点ものです。
同じものの再入荷はありません。

また、実店舗で同じ商品を販売しているため、タイミングにより商品が売り切れの場合がございます。あらかじめご了承ください。
お手入れについて
普段のお手入れは、丁寧に掃除機をかけてホコリをとる程度で十分です。時々、お天気のよい日に、外に出して裏からはたいてホコリを出し、風を通してください。
ギャッベやキリムのウール製品は湿気に弱いので、乾燥を保つようお願いします。加湿器の当たる場所、結露などのある場所でのご使用は避けてください。

数年に一度は、専門の絨毯クリーニングでさっぱりと水洗いすることをおすすめいたします。
■クリーニングについてはこちら
お問い合わせ
お電話でお問い合わせ


お電話口では、商品番号をお知らせいただくようお願いいたします。



ギャッベ(ギャベ)イメージ

ギャベ ギャッベ ロリアタシュ・細かな織りの最高級ギャッベ Gabbeh Lori Atash/リビングサイズ207x140cm207x140cm
レッドグラデーション・スクエアデザイン

サイズ:207x140cm
産 地:イラン・シラーズ
年 代:新しいギャベ
素 材:ウール×ウール
厚 み:0.9cm程度
織りのタイプ:LoriAtash
ギャッベ(ギャベ)地図

朱色から深みのあるレッドまでグラデーションが美しい1枚。色だけで変化をつけた深みのある大人デザインのギャッベ。ギュっと目の詰まった織り地でパイルは短めです。ふかふかというのではなく、踏んだ時にツンとたったパイルに支えられる感じで、織りの密度の高さを実感します。

最上級に織りの細かなギャッベです。シンプルな色使いで、その細かな織りを生かした奥行きのあるグラデーションが最大の魅力。ヨーロッパの手織りカーペットのコンペでは受賞歴もある人気のデザインです。スタンダードなギャッベの素朴な魅力とは一味違う高級感を持った絨毯です。表面はなめらかでツヤがあり、ビロードのような美しさ。


【ロリアタシュ -LoriAtash-】パイル(毛足)の結び目の密度が250,000knots/平米程度の、最高品質を誇るシリーズで、伝統的な民族模様からモダンなデザインへとシンプル化されているのが特徴です。シンプルな色使いで、その細かな織りを生かした奥行きのあるグラデーションが最大の魅力。ヨーロッパの手織りカーペットのコンペでは受賞歴もある人気のデザインです。スタンダードなギャッベの素朴な魅力とは一味違う高級感を持った絨毯で、表面はなめらかでツヤがあり、ビロードのような美しさ。



[イメージを拡大]


















Key:

価格
430,000円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
ご注文後1〜2日で出荷(土日祝除く)
個数
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

近日開催

発明通信社では毎月、弊社内におきまして無料のセミナーを実施いたします。
インターネット特許情報検索サービス「HYPAT-i2」を中心に様々なテーマを取り上げます。

NEW 特許情報コラム

特許を中心に2人の先生が書き上げるコラム「潮流」と「そよ風」。
時事問題や特許取得の裏話など、様々なテーマをお届けいたします。

  • そよ風

    2017.02.01

    アメリカ第一

    いよいよトランプ大統領の時代がスタートしました。もう少しビジネスライクな対応をするのかと思いきや・・・ 続きを読む

  • 潮流

    2017.01.24

    日本企業の特許戦略は大丈夫なのか

    世界の企業の盛衰を占う特許登録動向世界の企業の特許戦略の動向を見るときに、最も注目されている指標・・・ 続きを読む

  • そよ風

    2017.01.16

    お正月の風物詩の羽根つきと、凧揚げがいまだ盛んにおこなわれています。羽根つきは風がない穏やかな時・・・ 続きを読む

一覧はこちら

PAGE TOP