2019-09-03
カテゴリトップ>ルーペスタジオ>工具館>トラスコ>物流保管用品>省力機器
TRUSCO トラスコ中山 コゾウリフター フォーク式 H115-935 電動昇降式 [BEN-D600-9B] BEND6009B 販売単位:1 北海道・沖縄・離島は除く [BEND6009B] 1台販売※こちらの商品はメーカーからの発送となるため着日指定を承れません。

※こちらの商品はお取り寄せ商品のため、いかなる場合も、キャンセル・返品を承ることはできません。予めご了承下さい。北海道、沖縄、離島、過疎地は別途運賃がかかる可能性がございます。

商品画像については実際の製品と異なる場合がございます。あくまでも商品のスペックをご確認の上ご注文をお願いいたします。

※この商品は受注発注の商品です。その為メーカーに在庫がない場合がございます。
その場合は大変申し訳ございませんがキャンセルとさせて頂きます。予めご了承下さい。

特長
  • 前車輪を大きく(φ150)し、凹凸ある路面でも操作しやすくしました。
  • 自動充電器搭載でいつでもどこでも充電できます。(AC100V)
  • 過負荷防止バルブ付です。
  • 独創的な形状のメッキハンドルで自在なハンドリングです。
  • 新構造のマストでガタつきを減少させスムーズな昇降を実現します。
  • 見やすいバッテリー残量計付です。
用途
  • 凹凸のある場所での荷物の昇降や運搬。
仕様
  • 均等荷重(kg):600
  • 荷重中心距離(mm):400
  • フォーク寸法(mm)幅×長さ:100×800
  • フォーク寸法(mm)スライド外幅:218〜581
  • フォーク高さ(mm):115〜935
  • 全高(mm):1396
  • 上昇時間(秒)無負荷時:11
  • 上昇時間(秒)全負荷時:15
  • 車輪径(mm)前輪/後輪:150/150
  • 充電器電源:単相100V(コード長さ:2m)
  • 充電時間:約10時間
  • 昇降方式:バッテリー油圧式(タービン油:ISO-VG32使用)
  • 搭載バッテリー:EB65
  • 前車輪:固定ウレタンキャスター150mm2個、後車輪:自在ストッパー付ゴムキャスター150mm2個
  • ストローク(mm):820
  • ストローク(mm):820
仕様2
  • L高さ(mm):157
  • 動力源バッテリー:EB100
  • 動力源モーター(kw):0.7
  • 手動走行式
  • バッテリー残量計付
質量169.000KG
注意
  • 車上渡しになります。重量物ですのでご注意ください。
  • フォークを足にかぶせた時は最低高さが上がります。
運送に関する注意
  • 北海道・沖縄・離島は除く
原産国日本
JANコード
  • 4989999016154

「ルーペスタジオ」では、拡大鏡(虫眼鏡/ルーペ)、双眼鏡、単眼鏡、望遠鏡などのレンズ製品を主に取り扱っております。工具製品は常には在庫しておらずお取りよせとなります。ご了承下さい。


トラスコ中山(株) 搬送機器 リフター・ハンドパレットトラック フォーク式リフター TRUSCO BEN-D600-9B 8000
価格
417,447円 (税込450,842 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※受注生産(返品不可)
個数
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

近日開催

発明通信社では毎月、弊社内におきまして無料のセミナーを実施いたします。
インターネット特許情報検索サービス「HYPAT-i2」を中心に様々なテーマを取り上げます。

NEW 特許情報コラム

特許を中心に2人の先生が書き上げるコラム「潮流」と「そよ風」。
時事問題や特許取得の裏話など、様々なテーマをお届けいたします。

  • そよ風

    2017.02.01

    アメリカ第一

    いよいよトランプ大統領の時代がスタートしました。もう少しビジネスライクな対応をするのかと思いきや・・・ 続きを読む

  • 潮流

    2017.01.24

    日本企業の特許戦略は大丈夫なのか

    世界の企業の盛衰を占う特許登録動向世界の企業の特許戦略の動向を見るときに、最も注目されている指標・・・ 続きを読む

  • そよ風

    2017.01.16

    お正月の風物詩の羽根つきと、凧揚げがいまだ盛んにおこなわれています。羽根つきは風がない穏やかな時・・・ 続きを読む

一覧はこちら

PAGE TOP