2019-08-13
カテゴリトップ > タイヤ > その他タイヤ関連用品 > タイヤウォーマー
GET HOT ゲットホット タイヤウォーマー GP-MAX センターレザーカラー:レッドセンターレザーカラー:ブラックはこちら
センターレザーカラー:ブルーはこちら
センターレザーカラー:ピンクはこちら
センターレザーカラー:イエローはこちら
センターレザーカラー:シルバーはこちら

※リンク先に商品がない場合、すでに完売している商品となります。予めご了承ください。

■商品番号
MAX-74R

■商品概要
74Daijiro用
カラー:ソリッドブラック

センターレザーカラー:レッド

他のタイプはこちら

■適合車種
▼その他
74Daijiro用

■詳細説明
NS50Rサイズに適合
大人気モデルGP-EVOLUTIONをベースに高性能デジタル温度コントローラーボックスを組み合わせました。
ケースには品質が高く、耐久性にも優れたブラックアルマイト処理されたアルミ材を使用。
1度刻みで温度設定が可能なため、走行状況に合わせた細かい内圧セッティングを可能とさせました。
遠赤外線面状発熱体採用のGET HOTだからこそ可能な究極のセッティングアイテムです。


■注意点
※装着は走行の30-40分前に行ってください。
※タイヤウォーマー巻きつけの際には必ず最後まで伸ばして巻ききったことを確認してください。たるんだまま使用を続けてしまうと致命的なダメージを与える可能性がございます。
※タイヤがあたたまるまでの間、タイヤが汗をかいたような状態となり、表面がぬれたようになる場合がございますがこれはタイヤウォーマーの密着性、そして外気温との温度差によって起こる現象です。タイヤが温まれば表面は乾きます。
※温度計はウォーマーの温度を表示するものです。タイヤの温度ではありません。温度の目安としてご活用ください。
※温度上昇は外気温によって影響を受けますので気温の低い時期などは温度上昇が遅くなる場合がございます。
※サイズの合わない車種への装着は絶対にしないよう心がけてください。
※タイヤウォーマーを丸めたまま電源を入れないでください。必ず致命的なダメージを受けてしまいます。
※サーモスタットはタイヤに押し当てられてはじめて温度を感知しますので、タイヤウォーマーは必ずタイヤに装着してご利用ください。カラ炊き等はしないよう心がけてください。
※タイヤウォーマーは圧迫されるような力がかかりますとトラブルが起こる可能性が十分考えられますのでご注意ください。
※フェンダークリアランスや路面のクリアランス、スイングアームのクリアランスには十分ご注意ください。クリアランスがないのを無理に押し込むとダメージを受ける場合が十分考えられます。車種によってはフェンダー等の加工が必要な場合がございます。
※壁に立てかけて使用しないようご注意ください。
※タイヤウォーマーを使用する際は万一に備えてなるべくそばを離れないように心がけてください。
※何かトラブル等が発生しましたらすぐに使用を中止してください。
※万が一温度計が95度以上を示すようであればトラブルの可能性が高いと思われますのですぐに使用を中止し、メーカーまでご連絡ください。

【送料無料】その他タイヤ関連用品 GET HOT ゲットホット MAX-74R
当店通常価格86,400円 (税込)
価格
86,400円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で 対象エリア外へのご注文は、毎日 15:00までのご注文で翌日の配達となります (あす楽)
メーカー在庫確認後、発送日は別途ご連絡
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

近日開催

発明通信社では毎月、弊社内におきまして無料のセミナーを実施いたします。
インターネット特許情報検索サービス「HYPAT-i2」を中心に様々なテーマを取り上げます。

NEW 特許情報コラム

特許を中心に2人の先生が書き上げるコラム「潮流」と「そよ風」。
時事問題や特許取得の裏話など、様々なテーマをお届けいたします。

  • そよ風

    2017.02.01

    アメリカ第一

    いよいよトランプ大統領の時代がスタートしました。もう少しビジネスライクな対応をするのかと思いきや・・・ 続きを読む

  • 潮流

    2017.01.24

    日本企業の特許戦略は大丈夫なのか

    世界の企業の盛衰を占う特許登録動向世界の企業の特許戦略の動向を見るときに、最も注目されている指標・・・ 続きを読む

  • そよ風

    2017.01.16

    お正月の風物詩の羽根つきと、凧揚げがいまだ盛んにおこなわれています。羽根つきは風がない穏やかな時・・・ 続きを読む

一覧はこちら

PAGE TOP