2019-08-01
カテゴリトップ>即納可能商品>完成車/フレーム
BOMA(ボーマ)
SWOOP スウープ
フレームセット
カーボン× ライムグリーン サイズS-515 【自転車】

(we0311sl)
防犯登録は¥500です。こちらからご購入下さい。

■サイズバリエーション
SML






BOMA製品を製造する台湾、中国の提携工場は欧米のハイエンドモデルも扱う世界トップクラスの工場で、高度な生産技術、徹底した品質管理、効率的な運営などが高く評価されています。 BOMAでは規模の大きな工場でスムーズに高品質な製品を生産するため、現地に社員を常駐させ、細かなディレクションやチェックを行っています。

製品の開発に際しては、工場内の最新のEN対応振動試験機で検査を行うと同時に、サポートライダーから機械には表われないバイクやホイールの特性、不具合、使用感などについてのフィードバックを受け、検討を重ねます。日本サイドと工場サイドのスタッフが連携することで情報を共有し、より良い製品の企画、開発、生産に取り組んでいます。


SWOOP
"アイアンマン"も意識した本格的なTTバイク。

国内のアスリートやトライアスロンショップの協力のもと、約1年半をかけてセッティング・扱いやすさ・乗り味を徹底的に研究。満を持していよいよ発表です。インテグレーテッドTTバーはフレームとも一体化。
フロントブレーキのフォーク後方内蔵セット・スーパーエアロシートポストの採用で究極のエアロダイナミクス性能を発揮します。また若干ロードレーサーよりのジオメトリーは扱いやすさを考慮。スライド式のシートヤグラで自由度の高いセッティングも可能です。(Di2に対応しています。)



■TECHNOLOGY
Diagonal Edge Processing

対角上にエッジを形成して、決められた方向に対し剛性を高めるモノコックならではの加工技術。
Low Center of Gravity

ダウンチューブ、BB周りの剛性強化とトップチューブ周りの軽量化により、フレームの低重心化を実現。実測以上の軽快な走りを体感できます。
Dual Molding Technology

複雑な立体成型が必要な各チューブのジョイント部に柔軟性のある3Kカーボンを使用し、各部分に合わせたシリコン系の成型パーツとともにエアバッグで加圧します。シート圧が均一に成型できるため余計なシートも不要になり、強度、剛性はそのままに超軽量化が実現しました。
Hybrid Forming

電動コンポDi2と従来のワイヤー式コンポが両方使用できるように内蔵リード加工・ホール加工を施しています。


■SPEC
モデル名SWOOP (スウープ)
モデルナンバーCT-TT
素材T700S/HMカーボン 3K仕上げ
カラーカーボン×ライムグリーン
重量フレーム:1,450g フォーク:435g シートポスト:255g
ステム一体TTバー:610g
サイズ(C-T)S-515 / M-520 / L-540 (mm)
備考・フロントディレーラー直付
・ボトムブラケット:JIS規格
・専用シートポスト・専用ブレーキ
・ステム一体型TTバー




価格
383,700円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で対象エリア外へのご注文は、毎日15:00までのご注文で翌日の配達となります(あす楽)
代引について  
ご注文後のキャンセル・返品・交換はお受けできません。  
取り寄せ(可否確認後ご連絡となります)
個数
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

近日開催

発明通信社では毎月、弊社内におきまして無料のセミナーを実施いたします。
インターネット特許情報検索サービス「HYPAT-i2」を中心に様々なテーマを取り上げます。

NEW 特許情報コラム

特許を中心に2人の先生が書き上げるコラム「潮流」と「そよ風」。
時事問題や特許取得の裏話など、様々なテーマをお届けいたします。

  • そよ風

    2017.02.01

    アメリカ第一

    いよいよトランプ大統領の時代がスタートしました。もう少しビジネスライクな対応をするのかと思いきや・・・ 続きを読む

  • 潮流

    2017.01.24

    日本企業の特許戦略は大丈夫なのか

    世界の企業の盛衰を占う特許登録動向世界の企業の特許戦略の動向を見るときに、最も注目されている指標・・・ 続きを読む

  • そよ風

    2017.01.16

    お正月の風物詩の羽根つきと、凧揚げがいまだ盛んにおこなわれています。羽根つきは風がない穏やかな時・・・ 続きを読む

一覧はこちら

PAGE TOP