2019-10-06

行山額入釘彫楕円鉢 左右49.4cm奥行39.8cm高14.8cm

商品説明
 日本鉢の本場・常滑で作陶し、日本の盆栽愛好家から絶大なる支持を受ける中野行山。その人気は国内にとどまらず世界各国の愛好家から注文依頼が届き、盆栽鉢の本場・中国においても高い評価を受けている。まさしく現代陶工の最高峰に君臨する鉢作家と言えます。しかし行山氏も70代後半となり体力面からこれまでと同様の作陶を続けることは難しく、大型鉢の製作を控え、窯の稼働も減らす方向に入っているという。圧倒的人気ゆえに注文から2〜3年待ちの状態が続いていますが、今後はさらに入手困難となることが予想されます。今回紹介する鉢も行山氏の手元に残されていた貴重な作品を無理を言って出して頂いた貴重品。名工円熟の技が光る逸品をぜひお手元でご堪能頂きたい。
 隅入楕円型にやや高さのある足が特徴的な行山鉢。片面には額面を設け釘彫細工が施されており、反対側に額面がない。表地両面で異なる鉢合わせを楽しむことが出来る逸品。盆栽愛好家でもある行山氏は近年、自分で使う鉢としてこうした前衛的な作品を生み出し、新たな植栽例に取り組んでいる。鉢作家として頂点に達した作家ならではの遊び心溢れた作品です。落款:中野行山造

作家プロフィール
行山(ぎょうざん) 本名:中野行三
 佳山のもとで修行し昭和47年独立。泥物鉢を専門に小中鉢から超大型まで、ありとあらゆる大きさ・型をこなす。粘土材料と焼成法の研究に力を注ぎ、昭和51年頃に独自の泥色「曙」を完成。押型を用いた手づくり鉢制作していた時期もあるが、今はタタラ・紐づくりによる純粋な手づくり鉢のみを手掛ける。樹を植えて映える土目と型に定評があり、使い込めば早く古色が付くことで知られる。しかし手づくりゆえ年間の生産数は少ない。今や日本樹鉢作家の第一人者としての地位を築き、一鉢入魂で生み出される作品は銘品の輝きを放つ。

※現品限りの商品です。

※当店では実店舗での販売も行っているため、在庫の反映がリアルタイムではなく売り切れている場合があります。その場合は、申し訳ございませんがキャンセルさせていただくことをご了承下さい。

【盆栽鉢 bonsai】日本鉢・常滑 
日本鉢作家の第一人者・中野行山

☆盆栽彩都☆ 
価格
150,000円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
1〜2日以内に発送予定(店舗休業日を除く)
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

近日開催

発明通信社では毎月、弊社内におきまして無料のセミナーを実施いたします。
インターネット特許情報検索サービス「HYPAT-i2」を中心に様々なテーマを取り上げます。

NEW 特許情報コラム

特許を中心に2人の先生が書き上げるコラム「潮流」と「そよ風」。
時事問題や特許取得の裏話など、様々なテーマをお届けいたします。

  • そよ風

    2017.02.01

    アメリカ第一

    いよいよトランプ大統領の時代がスタートしました。もう少しビジネスライクな対応をするのかと思いきや・・・ 続きを読む

  • 潮流

    2017.01.24

    日本企業の特許戦略は大丈夫なのか

    世界の企業の盛衰を占う特許登録動向世界の企業の特許戦略の動向を見るときに、最も注目されている指標・・・ 続きを読む

  • そよ風

    2017.01.16

    お正月の風物詩の羽根つきと、凧揚げがいまだ盛んにおこなわれています。羽根つきは風がない穏やかな時・・・ 続きを読む

一覧はこちら

PAGE TOP