2019-08-10
カテゴリトップ>エレキベース>ベースブランド別>ベースブランド別(D-E-F)>Fender>Fender USA>American Elite Series
Fender American Elite Jazz Bass (Ocean Turquoise/Ebony) [Made In USA] 【ポイント5倍】
Fender American Elite JAZZ BASS
アメリカン・エリート・ジャズベースは最先端のトーンを要求する現代のベースシストのために、多くの技術や革新的なアイデアを詰め込み、時代を感じさせないスタイルとスムーズなプレイアビリティを持った新しいアクティブベースです。
全く新しい第4世代のNoiselessピックアップは18V駆動の広いヘッドルームを持つオリジナルプリアンプのクリアさと相まって、完璧なまでのノイズフリーなサウンドとビンテージスタイルのレスポンスを発揮し、その多彩な音は指弾き、ピック、スラップなど、どのようなスタイルでも容易にマッチさせることが出来る「フェンダーサウンド」がここにあります。
9.5〜14インチに変化するコンパウンドラジアス指板とネックヒール部でC〜Dに変化するシェイピングによりプレイヤーにとってストレスのないスムーズなプレイやポジションチェンジを可能にし、湿度によって引き起こされるネックのそりに対して剛性を確保する為にPosiflexグラファイトサポートロッドを採用しているほか、ネック調整もネックエンド部のホイールナットによるスムーズなアクセスが可能です。
HiMassヴィンテージブリッジは表通し、裏通しどちらの場合にもアタック感をしっかりとボディへ伝えることで、ベースラインにパンチとロングサスティーンを与えます。 アメリカン・エリートはフェンダーの尽きることのない探究心により、一切の妥協を許さないマルチツールを求めるベーシストにとって最高の相棒となることでしょう。
■Body: Alder
■Neck: Maple, Compound Back Shape, Modern “C” to “D” 34”
■Fingerboard: Ebony 21F Medium Jumbo
■Tuning Machines: Fender "F" Light-Weight Vintage-Paddle Keys with Tapered Shafts
■Bridge: 4-Saddle HiMass Vintage (String-Through-Body or Topload)
■Pickups: New 4th Generation Noiseless (Bridge and Middle)
■Electronics: 18V Preamp with Active 3-Band EQ
■Controls: Master Volume, Pan Pot (Pickup Selector), Treble, Mid, Bass, Active/Passive Mini Toggle
ハードケース付き

トップ ⇒ 現在地


Fender (Made In USA)
≪フェンダー (Made In USA)≫
American Elite Jazz Bass

エレキベース

【エレキベース】
価格
258,750円 (税込279,450 円)送料無料
ポイントアップ5倍 13970ポイント
※上記ポイント倍率には、スーパーポイントアッププログラム分は含まれておりません。
通常3〜4営業日以内に発送予定
個数
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • 宅配便

近日開催

発明通信社では毎月、弊社内におきまして無料のセミナーを実施いたします。
インターネット特許情報検索サービス「HYPAT-i2」を中心に様々なテーマを取り上げます。

NEW 特許情報コラム

特許を中心に2人の先生が書き上げるコラム「潮流」と「そよ風」。
時事問題や特許取得の裏話など、様々なテーマをお届けいたします。

  • そよ風

    2017.02.01

    アメリカ第一

    いよいよトランプ大統領の時代がスタートしました。もう少しビジネスライクな対応をするのかと思いきや・・・ 続きを読む

  • 潮流

    2017.01.24

    日本企業の特許戦略は大丈夫なのか

    世界の企業の盛衰を占う特許登録動向世界の企業の特許戦略の動向を見るときに、最も注目されている指標・・・ 続きを読む

  • そよ風

    2017.01.16

    お正月の風物詩の羽根つきと、凧揚げがいまだ盛んにおこなわれています。羽根つきは風がない穏やかな時・・・ 続きを読む

一覧はこちら

PAGE TOP