2019-08-01
カテゴリトップ>ライフグッズ>包丁>セキカワ
セキカワ そば切包丁 蕎麦包丁 [左藤蔵] (積層鋼 33cm 木柄-太) HS-1020 右利き用



このそば切包丁は、鋼材に15枚の素材を重ね合わせた積層材を使用しております。
この特殊積層材を使用し、日本古来の伝統に基いた熟練の職人が鍛造を行っています。その材質特有の質感・色彩・性質等と長年にわたる豊富な経験により、、独特の模様を生み出しています。全ての工程に手間を惜しまず、最高最適の熟練工による仕上げを行っています。

そば切り包丁は刃渡りが長く、刃幅が広く、片刃のため鍛造が困難で、焼き狂いなども生じ易く、非常に手間がかかります。その為、作れる職人は全国でも非常に少ないです。左藤蔵のそば切り包丁は大量生産方式ではなく、経験に裏打ちされた越後の鍛造技術で材料から丹念に手作りで製作しており、また、柄にも工夫を凝らし、柄と刃を外せるように目釘(竹製)1本で固定しています。永くご使用していただける様に、刃砥ぎや修理等がし易い様にしております。


商品番号 HS-1020
商品名 蕎麦包丁 [左藤蔵] (積層鋼 33cm 木柄-太)
材質 武生特殊鋼材 V2C
サイズ・重量 135X330mm・780g
取り寄せ品 発送までの目安:2〜6営業日 


※すべて手加工品のためサイズに若干の誤差が生じる場合がございますのでご了承下さい。
※表面には錆び防止のため、職人が手作業で薄くニスを塗っています。 このため光沢があったり、多少ムラがでたりすることがありますが、ご使用前に軽く研いだり、お使いいただくうちに自然に取れてきますので、ご使用には全く問題ございません。

※刃の紋様は異なりますので、写真と実際にお届けする包丁の紋様は同じではありません。何卒ご了承下さい。
※積層鋼の特長で刃を研ぐときに、刃先だけを研げば問題ないのですが、広い範囲を研いでしまうと紋様がこすれて見えなくなってしまうことがあります。見た目に見えなくなるだけで、実際に多層鋼の紋様自体が無くなることはありませんが、ご注意ください。

※メーカー在庫がございましたら通常はご注文から2〜6営業日で発送致しますが、
在庫切れ、または別注製作の場合は包丁・刃物は、職人がすべて手作業で作り上げておりますので、
納期が1週間〜2週間以上かかる場合がございます。

詳しくはメールにてご連絡させていただきます。何卒ご了承お願い致します。


【メーカーからの説明・注意】

左藤蔵刃物のそば切庖丁はすべて鍛造、焼入れの手造りです。手造りの鍛造庖丁はいくつかの特徴がありますので、そば切庖丁を安全に、また末永くご使用いただくために注意事項をまとめましたので、事前にお読みいただくことをお勧めいたします。

大量生産品のレーザーで切ったような刃、プレス加工、焼入れで、ガラスの板、下敷きのようにまっすぐ平らなそば切庖丁ではありません。

 また、切れすぎてまな板に食い込む、(切る時の力の加減をお客様の方で加減して下さい。)切れすぎて切ったそばが庖丁にくっつく、(打ち粉をふるうなど)刃を『割りばし』などで何回かこすって刃の切れ味を落してご使用ください。刃物を製造している弊社にとっては初めから切れ味の落ちている刃物をどうしても製造、出荷、販売できません。左藤蔵刃物の庖丁は、『刃物は切れてなんぼ』の世界ですので何卒、ご了承の程宜しくお願い申し上げます。

(※刃の切れ味を落すのであれば、あまり刃物鋼の材質、手造り品にこだわられない方がよろしいかと思います。)

普通に使用していれば起きない問題なのに、使用者の使い方次第で想定外のクレームになることもあります。こういった想定外のクレームに弊社は頭を悩ませています。

庖丁の切れ味を永くご使用いただくために一生懸命、時間と手間をかけて丹精込めて製作しております。手造りのそば切庖丁は高価な刃物です。使用されるお客さまに、正しい知識を身につけていただくため、よくご理解いただき、末永くご使用いただければ幸いです。

左藤蔵刃物 株式会社セキカワ


価格
90,000円 (税込97,200 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
お取り寄せ
個数
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

近日開催

発明通信社では毎月、弊社内におきまして無料のセミナーを実施いたします。
インターネット特許情報検索サービス「HYPAT-i2」を中心に様々なテーマを取り上げます。

NEW 特許情報コラム

特許を中心に2人の先生が書き上げるコラム「潮流」と「そよ風」。
時事問題や特許取得の裏話など、様々なテーマをお届けいたします。

  • そよ風

    2017.02.01

    アメリカ第一

    いよいよトランプ大統領の時代がスタートしました。もう少しビジネスライクな対応をするのかと思いきや・・・ 続きを読む

  • 潮流

    2017.01.24

    日本企業の特許戦略は大丈夫なのか

    世界の企業の盛衰を占う特許登録動向世界の企業の特許戦略の動向を見るときに、最も注目されている指標・・・ 続きを読む

  • そよ風

    2017.01.16

    お正月の風物詩の羽根つきと、凧揚げがいまだ盛んにおこなわれています。羽根つきは風がない穏やかな時・・・ 続きを読む

一覧はこちら

PAGE TOP